アカスジキンカメムシ

キンカメムシ科

大きさ 17-20mm; 時 期 5-8月; 分 布 本州・四国・九州.
緑色地に 赤色の模様が美しい大型のカメムシです。
草の上や木の幹にじっととまっていることが多い。
カメムシの仲間は臭いものが多いのですが、
この種類は比較的臭さが少ないようです。


2人のカメラマンが熱心に撮影していたので、
傍にお邪魔して撮らせて貰いました。
聞くとアカスジキンカメムシの脱皮の最中だとのことです。
良い所に遭遇しました。
しばらくすると完全に羽化しました。
アカスジキンカメムシは5齢幼虫で越冬し、翌春に羽化するそうです。

アカスジキンカメムシ
( 2018年5月  石神井公園 )

抜け殻です。

抜け殻
( 2018年5月  石神井公園 )

羽化後間もない新成虫で、オレンジ色をしています。

アカスジキンカメムシ
( 2018年5月  石神井公園 )

ニンドウスイカズラの良い香りにつられて昆虫が集まって来ます。
今日は初見のアカスジキンカメムシです。
近くのアジサイの葉には幼虫もいました。

アカスジキンカメムシ
( 2017年5月  石神井公園 )

アカスジキンカメムシ
( 2017年5月  石神井公園 )

アカスジキンカメムシ
( 2017年5月  石神井公園 )

アカスジキンカメムシ幼虫
( 2017年5月  石神井公園 )

アカスジキンカメムシ幼虫
( 2017年5月  石神井公園 )

アカスジキンカメムシ幼虫
( 2017年5月  石神井公園 )

 

 





inserted by FC2 system