ダイミョウセセリ

セセリチョウ科

大きさ:(前翅長)15-21mm  時 期: 4-10月 
分 布: 北海道・本州・四国・九州
黒地に白帯のあるセセリチョウ。
翅を完全に開いてとまることが多く、
地方によって翅のもように違いがあります。
東京付近には白帯がはっきりしない「関東型」が、
大阪付近には白帯が明瞭な「関西型」が多いそうです。


今年は蝶が少なく、やっと見つけた1頭です。
ハルジオンの近くを飛翔していました。

ダイミョウセセリ
2020年5月  練馬区

ダイミョウセセリ
2020年5月  練馬区

ダイミョウセセリ
2020年5月  練馬区

久し振りに公園で出会いました。
翅の地色は黒色で,前翅に白紋があり,
この白紋が大名の着る裃(かみしも)の紋のように見えるところから
この名がつけられたとも言われています。
ハルジオンが咲いている公園で吸蜜していました。

ダイミョウセセリ
2019年6月  石神井公園

ダイミョウセセリ
2019年6月  石神井公園

ランタナに珍しくダイミョウセセリが吸蜜に訪れていました。
初見でしたが、全国どこにでもいるセセリチョウです。
下方の白帯がはっきりしないので関東型のようです。

ダイミョウセセリ
2017年7月  石神井公園

ダイミョウセセリ
2017年7月  石神井公園

ダイミョウセセリ
2017年7月  石神井公園

 

 





inserted by FC2 system