ミドリヒョウモン

タテハチョウ科

平地〜山地の樹林およびその周辺に生息しています。
日中、林縁や林道などを敏速に飛翔し、ヒヨドリバナや
アザミ類など各種の花を訪れます。


ミドリヒョウモンがフジバカマの花畑を訪れていました。
ここではアサギマダラもヒョウモンチョウも
沢山飛び回っていて、チョウの楽園です。
暗色型もいました。

ミドリヒョウモン♀
2021年9月  小諸

ミドリヒョウモン♀
2021年9月  小諸

ミドリヒョウモン♀暗色型
2021年9月  小諸

マルバダケブキが満開でした。
そこに色々な高山蝶が吸蜜に訪れていました。

ミドリヒョウモン
2021年8月  湯の丸

ミドリヒョウモン
2021年8月  湯の丸

周りはノアザミ、マツムシソウなどが咲いていましたが、
そこには止まってくれません。
かなりの時間を待ち、暗色型の葉上のミドリヒョウモンも撮れました。

ミドリヒョウモン♀
2020年8月  湯ノ丸

ミドリヒョウモン♀
2020年8月  湯ノ丸

ミドリヒョウモン♀
2020年8月  湯ノ丸

キリンソウの見事な黄色の花が咲いていました。
雨上がりで吸蜜に夢中で、近くまで寄らせてくれました。
性漂4本が目立ちます。

ミドリヒョウモン
2018年7月  北軽井沢

ミドリヒョウモン
2018年7月  北軽井沢

ミドリヒョウモンの♂は表の前翅下方の翅脈上にある性漂4本が目立ちます。
又 裏の後翅の基部〜中央部の白帯が3本あるのが特徴です。
マツムシソウに蜜を吸いに来ていました。

ミドリヒョウモン♂
2014年9月  入笠山

ミドリヒョウモン♂
2014年9月  入笠山

♀は翅の色がやや緑みを帯びていて、前翅の後縁に白斑が見られます。
雨上がりのエゾリンドウを訪れていました。

ミドリヒョウモン♀
2014年9月  入笠山

ミドリヒョウモン♀
2014年9月  入笠山

暗灰緑色を帯びた橙色の♀も木立で見つけました。

ミドリヒョウモン♀
2014年9月  入笠山

 





inserted by FC2 system