コヒョウモン

タテハチョウ科

大きさ:40〜50mm 時期:7〜8月 
分布:北海道・本州

本州では関東地方の北部の山地から中部地方の山地にかけて分布。
山地林間、渓流の岸辺の草地に生息します。


湿原で夏の花のマツムシソウ、マルバダケブキが咲いていました。
コヒョウモン、オオチャバネセセリ、ベニヒカゲが
吸蜜に訪れていました。
爽やかな風が吹いていました。

コヒョウモン
2020年8月  湯ノ丸

コヒョウモン
2020年8月  湯ノ丸

コヒョウモン
2020年8月  湯ノ丸

ヒヨドリバナにヒラヒラと吸蜜に訪れていました。
高原の中腹ですが、アカタテハの周りを飛翔していました。

コヒョウモン
2018年8月  湯ノ丸

コヒョウモン
2018年8月  湯ノ丸

湿地のある草原で飛翔していました。
ヒラヒラと穏やかに飛んではウツボグサに訪れていましたが、
なかなかじっと止まってくれず、撮影者泣かせでした。

コヒョウモン
2017年7月  軽井沢

コヒョウモン コヒョウモン
2017年7月  軽井沢

ヒョウモンチョウとそっくりですが、棲んでいる環境が少し違うのと
小ぶりなので見分けが付きます。
吸蜜の為に、ノハラアザミによく来ていました。

コヒョウモン
2012年9月  須坂市郊外

コヒョウモン
2012年9月  須坂市郊外






inserted by FC2 system