オオムラサキ

タテハチョウ科

大きさ:オス10cm メス12cm 時期:6月下旬〜7月下旬 
分布:本州・四国・九州
昭和32年に世界に誇る日本の代表的な、格調高い綺麗な
蝶として国蝶に指定されました。


オオムラサキのオスを撮りたくて、山梨に行って来ました。
メスの翅の青紫色が何とも言えず綺麗で、
メスよりひと回り小さく感じました。
翅の形もメスのほうがやや丸みを帯びているようです。

オオムラサキ♂

オオムラサキ♀

オオムラサキ♀

オオムラサキのオスの美しい紫色に輝いている姿を一目見ようと
オオムラサキセンターに行って来ました。
エノキの葉に卵を産んでいました。良く見ると幼虫もいました。

オオムラサキの卵
( 2010年7月  長坂町 )

幼虫
( 2010年7月  長坂町 )

幼虫
( 2010年7月  長坂町 )

蛹から羽化するのを暫く待っていましたが、残念ながら時間切れでした。

サナギ
( 2010年8月  長坂町 )

オオムラサキ
( 2010年8月  長坂町 )

雌は翅の表面の色は茶むらさき色で、雄のような綺麗な青むらさき色をしていません。
今回は時期が遅く雄が撮れず残念でした。次回のお楽しみです。

オオムラサキ♀
( 2010年8月  長坂町 )





inserted by FC2 system