ヒメジャノメ

タテハチョウ科

大きさ: (前翅長)18-31mm  時 期; 5-10月
分 布: 北海道・本州・四国・九州

中型。平地〜低山地の明るい草地に生息しています。
早朝や夕方によく活動し、草地状を跳ねるように飛び、
葉上によく止まります。
樹液に集まるほか、腐った果実や獣糞から吸汁もします。


スポットライトを浴びていました。
腹部が太いので雌のようです。

ヒメジャノメ
2020年11月  石神井公園

ヒメジャノメ
2020年11月  石神井公園

熟れた柿の木の下にいました。
時々、実のある枝先の方にも飛翔していました。

ヒメジャノメ
2020年10月  石神井公園

久し振りにヒメジャノメに出会いました。
後翅の中央に膨らみが見られるので雄ですね。

ヒメジャノメ
2018年11月  石神井公園

ヒメジャノメ
2018年11月  石神井公園

翅の表が見たくて又 いつもの公園に行って来ました。
近づくとヒラヒラと逃げてしまいますが、時には近くまで寄って来てくれます。
いつも止まる時は翅を閉じていますが、今日はやっと開いてくれました。
ちなみに後翅の中央付近で膨らみがあるのが雄だそうです。

ヒメジャノメ♂
2014年9月  石神井公園

ヒメジャノメ♂
2014年9月  石神井公園

ヒメジャノメ
2014年9月  石神井公園 

表は灰褐色で前翅に2〜3つの眼状紋があるそうですが、
なかなか開いてくれません。葉上でじっとしているばかりです。
リュウキュウヒメジャノメと良く似ていますが、分布が異なることと、
リュウキュウヒメジャノメは地色が濃く、表の眼状紋中の白点が
よく目立つことなどで識別出来るそうです。
次回には表を撮りたいものです。

ヒメジャノメ♀
2014年9月  石神井公園

 





inserted by FC2 system