オツネントンボ

アオイトトンボ科

大きさ: 37〜41mm  時期: 3〜12月
分布: 北海道・本州・四国・九州

淡褐色で、がっしりした感じのイトトンボです。
成熟すると複眼が青くなります。
翅の先端付近にある縁紋が、前翅・後翅で重ならず前後に並ぶことで
他種を見分ける事が出来ます。
平地・低山地の水生植物の多い池や溝川で見られます。
成虫で越冬することから、越年の名がつきました。


ホソミオツネントンボかと思いきや初見のオツネントンボでした。
この河原には沢山いて、下記では左が雄で、体色が薄いので右が雌です。
一年中この淡い褐色をしているようです。

オツネントンボ
2021年9月  長野県

オツネントンボ
2021年9月  長野県

オツネントンボ
2021年9月  長野県

オツネントンボ オツネントンボ
2021年9月  長野県

オツネントンボ
2021年9月  長野県

オツネントンボ
2021年9月  長野県

 





inserted by FC2 system