ショウジョウトンボ

トンボ科

大きさ:40〜55mm 時期;6〜10月 分布:全国的
平地〜丘陵地の開放的な池沼や湿地などに生育しています。
八重山諸島では成虫が一年中見られます。
アキアカネなどの普通のアカトンボよりもひとまわり大きい、全身が真っ赤なトンボです。


蓮池でじっとしていました。
長雨で今年はトンボ・蝶の出が悪く、静かな公園です。

ショウジョウトンボ
2019年7月

ショウジョウトンボ
2019年7月

雌は池の真中で縄張り宣言をしています。
ふと前を見ると雌が飛び回ってオオカナダモに産卵しています。
今年も元気に姿を見せてくれました。

ショウジョウトンボ
2018年6月

ショウジョウトンボ
2018年6月

オオカナダモの咲いている池でショウジョウトンボが
産卵していました。
雄は縄張り宣言をしていて、この小枝の周りを
行ったり来たりしていました。

ショウジョウトンボ♂
2017年6月

ショウジョウトンボ♂
2017年6月

ショウジョウトンボ♀ ショウジョウトンボ♀
2017年6月

ショウジョウトンボ♀
2017年6月

6月の末のこの池ではショウジョウトンボのオス・メスが居て、
しきりと交尾をしては産卵していました。
交尾の瞬間を撮影したいと何度かチャレンジしましたが、
あまりにも突然で早く、失敗に終わってしまいました。
残念です。

ショウジョウトンボ♂
2015年6月


2015年6月


2015年6月


2015年6月

中型のトンボで、♀や未成熟の♂は橙黄色〜黄褐色をしていますが、
成熟♂は全身が鮮やかな赤色をしています。
♂は印象的な綺麗な赤色ですが、♀はまだ見ていません。

ショウジョウトンボ
2013年8月

ショウジョウトンボ
2013年8月

 





inserted by FC2 system