コノシメトンボ

トンボ科

大きさ:38〜45mm 時期:7〜11月 分布:全国
翅の先端にある黒褐色の斑紋が目立ちます。
和名のとおりノシメトンボに似ますが、
一回り小型で、体型はやや太めです。


雄・雌とも胸部中央の黒条は途中で分岐して、
後方の黒条と融合しているのが特徴です。

コノシメトンボ

コノシメトンボ

公園の池の手すりで縄張りを張っていました。
成熟したオスで全身真っ赤で、きれいでした。
胸部の模様が翅で隠れていて、見えないのが残念です。

コノシメトンボ
( 2015年10月  光が丘 )

コノシメトンボ
( 2015年10月  光が丘 )

山地の池で体の真っ赤なトンボを見つけました。
水面近くを飛び回り、岩や地面にへばり付くように止まっていました。
オスは眉斑が無いようです。

コノシメトンボ♂
( 2011年10月  妙高高原 ) 

このメスは中央の黒条は途中で分裂して、後方の
黒条と融合しているのが良く分かります。
メスは腹部が褐色で眉状斑がありました。

コノシメトンボ♀
( 2010年8月  石神井公園 )





inserted by FC2 system