オオアオイトトンボ

アオイトトンボ科

大きさ:46mm  時期:8〜11月
本州、四国、九州に分布しています。
  平地〜山地の樹林に囲まれた池沼・湿地に生息しています。


一昨年くらいまでは、たくさん見られましたが・・・
池の草取りでメッキリ見掛け無くなりました。
今年初見です。貴重品になりました!

オオアオイトトンボ
2019年11月  石神井公園

オオアオイトトンボ
2019年11月  石神井公園

雄を池の木道の傍で見かけました。
草むらでひっそりと雌を待っているのかな?

オオアオイトトンボ
2018年10月 

オオアオイトトンボ オオアオイトトンボ
2018年10月

やっとオオアオイトトンボの産卵場面を観察出来ました。
池にある枝に連結しながら飛翔して来て、
止まると間もなく産卵を始めました。
薄暗くなってから産卵するそうですが、
今回はラッキーでした。
今年のトンボの季節もこれで終わりでしょうか?

オオアオイトトンボ
2017年11月 

オオアオイトトンボ オオアオイトトンボ
2017年11月 

今年も草むらで雌、池の周りで雄を観察しました。
緑色に輝く綺麗なイトトンボです。
ここではなかなか連結を見るチャンスがありません。
池に面した小枝に産卵するそうですが、
産卵された枝は殆ど枯れるそうです。

オオアオイトトンボ♀
2017年10月 

いつもの公園の池の傍の草むらで見つけました。
池の近くで産卵するので雄はいましたが、雌は見当たりません。
是非、見つけたいものです。

オオアオイトトンボ♂
2016年10月 

初めて連結したオオアオイトトンボを見ました。
上が♂で下が♀です。
この周りにも数頭の♂がいましたが、この♂は♀が来ると
素早く連結して、繋がったまま飛び去って行きました。

オオアオイトトンボ
2014年9月

♂♀ともに成熟しても胸部に白粉を帯びませんが、
成熟した♂と一部の♀は腹部第10節に白粉を生じます。
また♀は腹部第9節が膨らんでいるのが特徴です。
公園の池から少し離れ草むらで見かけました。
こらから秋になって完全に成熟すると池の水辺に戻るのでしょうか?

オオアオイトトンボ♂
2014年9月 

オオアオイトトンボ♀
2014年9月 

光沢の強い緑色をした美しいイトトンボです。
    水面におおいかぶさった木の樹皮に産卵する習性があるため、
木陰のある池でよく発生しています。
成虫は、池の周辺の林床や、うすぐらい草藪で
見かけることが多いようです。
グリーンの体色が綺麗です。

オオアオイトトンボ
2014年8月 

オオアオイトトンボ
2014年8月 

羽化したばかりのオオアオイトトンボも見つけました。
まだ体の色が付いていなくて、弱弱しい様子でした。

オオアオイトトンボ オオアオイトトンボ
2014年8月 

池の草むらの陰で産卵していました。
草が邪魔でなかなか撮らしてくれません。
緑色の体が綺麗でした。


2011年9月



inserted by FC2 system