マガン

カモ目カモ科

大きさ:L:72cm  雌雄同色

分布: 冬鳥として主に北日本に局地的に渡来し、
        本州の水田が広がる湖沼に群れで飛来します。
特徴: 嘴は桃橙色で、額から基部周辺は白く、
    胸から腹は白っぽく、黒色横斑がある。
北海道では春・秋に通過。
農耕地で落ち穂などを食べ、夕方湖沼に戻る。
若鳥には、くちばしの付け根の白と腹の黒いしま模様がありません。
甲高い声で、クワッカカッとよく鳴きます。


初見のマガンです。
約1500羽のオオヒシクイに混じって、700羽のマガンがいました。
額が白く、腹の縞模様の特徴が良く分かります。
朝7時頃に行きましたが、飛び立ちに何とか間に合いました。
アシ原を背景に朝日が射して、印象的です。

マガン
2020年11月  福島潟

マガン
2020年11月  福島潟

マガン
2020年11月  福島潟

マガン
2020年11月  福島潟

マガン
2020年11月  福島潟

マガン
2020年11月  福島潟

マガン
2020年11月  福島潟

マガン
2020年11月  福島潟

マガン
2020年11月  福島潟

マガン
2020年11月  福島潟

マガン
2020年11月  福島潟

 

 





inserted by FC2 system