ホオジロガモ

カモ目カモ科

大きさ:L雄45cm、雌40cm
冬鳥として九州以北に渡来し、河口、内湾、
沿岸、湖沼、河川などに生息します。
雄成鳥は頭部が緑光沢のある黒色で、
独特の形をしています。
和名の由来は、頬に白い模様があることによります。
遠くからでもかなり目立ちます。


漁港で雄が2羽いましたが、雌は見当たりませんでした。
大分近くに寄って来てくれて、頭の緑色光沢が綺麗に光っていました。
日差しが暖かく、珍しく羽ばたきも見せてくれました。

ホオジロガモ♂
2019年12月  道東

ホオジロガモ♂
2019年12月  道東

ホオジロガモ♂
2019年12月  道東

ホオジロガモ♂
2019年12月  道東

ホオジロガモ♂
2019年12月  道東

ホオジロガモ♂
2019年12月  道東

今回は晴れて波も比較的に穏やかでした。
近くにも寄ってくれ、撮影には好条件でした。
念願の頭部の緑色光沢もハッキリと分かりました。
残念ながら雌は見つけられませんでした。

ホオジロガモ
2019年1月

ホオジロガモ
2019年1月

ホオジロガモ
2019年1月

根室の漁港にいましたが、見つけると直ぐに遠くに離れてしまいました。
頭が緑色光沢しているそうですが、
今回は良く分かりませんでした。
しかし、頬が白いのは遠くからでもハッキリと確認出来ました。

ホオジロガモ
2018年11月

ホオジロガモ
2018年11月

 

 





inserted by FC2 system