ハチジョウツグミ

スズメ目ツグミ科

夏季にシベリア北部で繁殖し、冬季になると
中華人民共和国北部へ南下し越冬します。
日本では冬季に越冬のため少数が飛来します。
和名は八丈島で捕獲されたことに由来するそうです。


上面の羽衣は緑褐色や灰褐色、黒褐色など変異が多く、
体形はツグミですが頭から胸と全体的に赤っぽく、
眉斑は目立たなくなっていきます。
個体変異が大きく、ツグミとの中間的な個体も多く、
俗に4畳半ツグミなどと言われています。
初見で興奮しましたが、ツグミに混じって公園の芝生にいました。

ハチジョウツグミ
( 2016年2月  石垣島 )

ハチジョウツグミ
( 2016年2月  石垣島 )

ハチジョウツグミとツグミ
( 2016年2月  石垣島 )

ハチジョウツグミ
( 2016年2月  石垣島 )

ハチジョウツグミ
( 2016年2月  石垣島 )

 





inserted by FC2 system