コブハクチョウ

カモ目カモ科

大きさ:全長約150cm 分布:ヨーロッパ、中央アジア
北海道から九州まで各地に記録があり、定着している地域もあります。
雌雄同色で全身白色の大型の水鳥です。
扁平なくちばしはオレンジ色で、くちばし上部の
付け根に黒いコブのような裸出部があり、
名前の由来になっています。


飼い鳥として日本を含む世界各地に移入され、
それが野生化しているそうです。
あまり鳴かないのでミュート・スワンと呼ばれています。
意外と人懐っこく、傍まで寄って来てくれ、
ハートのポーズを取ってくれました。

コブハクチョウ
( 2015年10月  稲敷市 )

コブハクチョウ
( 2015年10月  稲敷市 )

コブハクチョウ
( 2015年10月  稲敷市 )

コブハクチョウ
( 2015年10月  稲敷市 )

 





inserted by FC2 system