バン

ツル目クイナ科

大きさ:L32cm
北海道から南西諸島、小笠原諸島に広く分布し、
関東地方以北では夏鳥、同地域以南では留鳥として
湖沼、池、河川、水田、湿地に生息します。
クイナ科の中では最も普通に見られます。


満開のアサザの咲き乱れた池で偶然にも
バンの親子に出会いました。
4羽の幼鳥が元気に育っているようです。
まだ時々 親から餌を貰っていました。

バン親子
2021年7月  軽井沢

バン親子
2021年7月  軽井沢

バン親子
2021年7月  軽井沢

バン親子
2021年7月  軽井沢

バン親子
2021年8月  軽井沢

バン親子
2021年8月  軽井沢

バン
2021年8月  軽井沢

もうすぐ稲刈りが始まる田圃で初見です。
ここでも子育てをしているのでしょうか?

バン
2019年8月  石神井公園

バン
2019年8月  石神井公園

指の長い太い脚を持ち、泥地も沈むことなく歩き回ります。
泳ぎは下手で、水かきが無いので、首をふり体中を使ってやっと進んでいます。
氷の上では大きな脚が目立ちます。
雄は雌より少し大きく、色も全体的に黒いようです。

バン♀
2018年2月  石神井公園

バン♀
2018年2月  石神井公園

バン♀・♂
2018年2月  石神井公園

ため池のスイレンの近くで、
思いがけずバンの番いが捕食していました。
このそばにはレンカクもいます。
バンはここに何時でもいて、子育てもしています。

バン♂・♀
2016年11月  石垣島

バン♂・♀
2016年11月  石垣島

いつもの公園のいつもの場所で子育てをしています。
全部で3羽孵ったそうですが、今日は2羽が
まだ巣で親の帰りを待っています。
あと1羽は巣立ちをしてしまった様です。

バン幼鳥
2016年4月  石神井公園

バン
2016年4月  石神井公園

暫く振りの大雪で小鳥達は何処かに避難している様で、
バンだけが仕切りと土手で餌を探していました。

バン
2015年1月  石神井公園

バン
2015年1月  石神井公園

雌雄同色で、全体に黒色で脇には白い縦斑があります。
額板と嘴は赤く、嘴の先は黄色です。
いつもの公園では繁殖もしています。
幼鳥は可愛らしく、特に親に餌をねだる仕草は
見ていて飽きません。

バン
2011年11月  石神井公園

バン
2010年11月  石神井公園

バン
2011年7月  石神井公園

バン
2011年7月  石神井公園

 





inserted by FC2 system