アオアシシギ

チドリ目シギ科

大きさ:L35cm 雌雄同色
旅鳥として全国の干潟、河口、水田、湖沼、池などに
春と秋に渡来し、沖縄県では少数が越冬します。


冬羽で喉からの対面下は白く、綺麗でした。
今回は意外と近くで撮らせてくれ、セイタカシギも一緒でした。

アオアシシギ
2019年10月  石垣島

アオアシシギ
2019年10月  石垣島

アオアシシギ
2019年10月  石垣島

アオアシシギ
2019年10月  石垣島

河口付近で朝早くから餌を探していました。
朝日が斜めに差し、さざ波が金色を浴びて綺麗です。

アオアシシギ
2016年11月  石垣島

アオアシシギ
2016年11月  石垣島

水田の畔で休息していました。
近くで見ることができ、暫くすると水田に下りて
餌を探している様子でした。

アオアシシギ
2014年12月  石垣島

アオアシシギ
2014年12月  石垣島

ユーラシア大陸北部で広く繁殖し、冬季はアフリカ、インド、
東南アジア、オーストラリアへの渡りを行い越冬します。
和名の由来は足が青色を帯びていることからです。
冬羽は頭部から後顎の縦斑が淡くなり、背からの上面は
淡灰褐色で、喉からの体下面は白い。
嘴は黒くてやや上に反り、基部が淡色です。
遠くの干潟にいたので判別が出来ず、
近くにいたウオッチャーさんが教えてくれました。

アオアシシギ
2014年10月

水田にいました。5〜6羽が群れて餌を探しているようでした。

アオアシシギ
2009年3月  石垣島

アオアシシギ
2009年3月  石垣島

 





inserted by FC2 system