ヒヨドリ

スズメ目ヒヨドリ科

大きさ:L28cm  雌雄同色

留鳥または漂鳥として全国に分布し、平地から山地の林、
市街地、農耕地などに広く生息します。
山地や北の地方のものは、冬に平地や温暖な地方へ移動し、
秋の渡り期には大群になります。


春になり、新芽が出たり、コブシの花が咲いていたので、
ヒヨドリも忙しくしています。
食欲も旺盛のようです。

ヒヨドリ
2021年3月  埼玉県

ヒヨドリ ヒヨドリ
2021年3月  埼玉県

いつもの公園の柿の木にヒヨドリが訪れていました。
熟した柿がいかにも美味しそうでした。

ヒヨドリ
2020年11月  石神井公園

ヒヨドリ
2020年11月  石神井公園

ピラカンサの実を食していました。
今年は実の付きが幾分少ないようでしたが、
穏やかな天候に恵まれ次々と鳥達が訪れていました。

ヒヨドリ
2020年11月  清瀬市

ヒヨドリ
2020年11月  清瀬市

満開の桜の中で我が世の春とばかりに吸蜜に夢中です。
翌日には大雨で桜も徐々に散り初めました。

ヒヨドリ
2020年4月  石神井公園

ヒヨドリ ヒヨドリ
2020年4月  石神井公園

寒緋桜がちょうど満開でした。
メジロを待っていましたが、現れずに
その代わりヒヨドリが被写体になってくれました。

ヒヨドリ
2020年3月  石神井公園

ヒヨドリ ヒヨドリ
2020年3月  石神井公園

クロガネモチの赤い実を食べにやって来ていました。
まだこの周りにはセンダンの実が幾分は残っていましたが、
そろそろこちらの実を食べに来たようです。
それにしてもこの地域にはヒヨドリが多かった。

ヒヨドリ
2020年1月  出水市

ヒヨドリ
2020年1月  出水市

ヒヨドリ
2020年1月  出水市

モクレンの花が咲きました。
この花の咲くのを待っていたかのように
ヒヨドリが蜜を吸いにやって来ます。
まず邪魔な花びらを取り除いてから吸蜜する様子が見られました。
柔らかい新芽も大好きのようで、盛んに口に咥えていました。

ヒヨドリ
2019年3月  清瀬市

ヒヨドリ
2019年3月  清瀬市

公園の大寒桜も満開です。
今日はヒヨドリが吸蜜に訪れていました。

ヒヨドリ
2019年3月  石神井公園

ヒヨドリ
2019年3月  石神井公園

この所、晴れの日が続いている公園でヒヨドリを狙いました。
センダンの実を啄みに次々と飛んで来ます。

ヒヨドリ
2019年1月  石神井公園

ヒヨドリ
2019年1月  石神井公園

ヒヨドリ
2019年1月  石神井公園

今年も柿とイイギリの実を食べに来ていました。
たわわに実ったイイギリの実も残り僅かになり、
やっと実を咥えたヒヨドリが撮影出来ました。

ヒヨドリ  ヒヨドリ
2016年12月  石神井公園

 コブシとサクラの花で撮れたヒヨドリです。
サクラでは盛んに蜜を吸っていましたが、
今年は急に満開になってしまい姿が見えません。残念!

ヒヨドリ
2015年3月  石神井公園

ヒヨドリ
2015年3月  石神井公園

初冬になるとイイギリやセンダンの実を食べにきます。
赤や黄色の実が青空に映えて綺麗です。
桜の蜜も大好きです。

ヒヨドリ
2013年1月  石神井公園

ヒヨドリ
2012年11月  石神井公園

ヒヨドリ
2012年11月  石神井公園

 ヒヨドリ
2011年4月  練馬区

ヒヨドリ
2010年4月  練馬区 

 





inserted by FC2 system