チョウグンボウ

タカ目ハヤブサ科

大きさ:L雄33cm 雌39cm
主に北海道、本州中部以東で繁殖する他、冬鳥として全国の農耕地、
河川敷、草地、埋立地などに渡来します。

平地から山地の崖や林で繁殖しますが、
近年、人工構造物での営巣が増えています。
ホバリングして小動物や昆虫を捕食します。


西表島でチョウゲンボウが電柱で餌を探していました。
周りは開けた牧草地で獲物は見つけ易そうでしたが、
我々に気づいて逃げてしまいました。

チョウゲンボウ
2016年2月  西表島

チョウゲンボウ
2016年2月  西表島

窓際にいて、じっと畑の方を見つめていました。
すると急に飛び立ち、すぐ近くの土手で何かを咥えていました。
余りにも近くだったのでビックリしましたが、小さなトカゲの様でした。
猛禽類はさすがに眼が良いと感心しました。

チョウゲンボウ
2014年5月 

チョウゲンボウ
2014年5月 

チョウゲンボウ
2014年5月 

チョウゲンボウ
2014年5月 

雄雌ともに黒いひげ状斑と眼の後方に黒色の過眼線があります。
残念ながら雄にはまだお目にかかっていません。
雪の中でも頑張って餌を探していました。

チョウグンボウ
2010年12月 

チョウグンボウ
2009年12月 

チョウゲンボウ
2009年12月 

 





inserted by FC2 system