クロツラヘラサギ

コウノトリ目トキ科

大きさ:L77cm
数少ない冬鳥または旅鳥として渡来し、
干潟、水田、湿地、河川、湖沼などに生息します。
東アジアだけに約2千羽しか生息していない絶滅危惧種です。


潮の引いた海岸で餌取に夢中でした。
近くには数羽のシギがいましたが、気にも止めない様子でした。
上手く小魚をゲットしたようです。

クロツラヘラサギ
2016年11月 

ソリハシセイタカシギ、クロツラヘラサギ クロツラヘラサギ
2016年11月 

いつもは河口にいるのですが、今回は台風の影響か、
水田に飛来していました。
初めて虹彩が赤色をしていて、眼の周りが黄色で
縁どられているのに気付きました。
4月中旬〜7月中旬までが繁殖期だそうですが、
中国、朝鮮半島の繁殖地まで行かずに石垣島にいました。

クロツラヘラサギ
2015年7月 

クロツラヘラサギ
2015年7月 

クロツラヘラサギ
2015年7月 

クロツラヘラサギ
2015年7月 

ヘラサギによく似ています。
雌雄同色で成鳥は全身が白く、嘴と足が黒く、
嘴は長くて先端がへら状をしているのが特徴です。
河口で休んでいました。

クロツラヘラサギ
2008年4月 

クロツラヘラサギ
2008年4月 

クロツラヘラサギ
2008年4月






inserted by FC2 system